読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリジナル曲『ランドマーク』について、その3。

僕です。

オリジナル曲『ランドマーク』セルフ解説の続きです

(2A)(2B)にて

一人前になったつもりでいたが、実際にはひとりでは何も出来なくて

今まで如何に周りに守られ与えられ、甘やかされてきたかを思い知らされる

自由になるということは、責任を負うのも自分

自分で自分を守っていかなければならない厳しさを痛感しています

(2サビ)の『一番高い建物』は読んで字の如く

新しい街に一人きり、自分だけが孤独なんだと思っていたが

街中を見渡せるランドマークタワーから見える景色は

老若男女誰彼関わらず、皆平等に1日は24時間で

悩みや胸の内は人それぞれだけど

それも含めて、皆同じ街で同じように日々を暮らしている

それを知って

悩みが無くなった訳じゃないけど

未だ自分がひとりであることに違いはないけれど

ひとりなのもまた、自分だけではないということに

少し安心して、なんとかやっていけそうな気がしてくるのです

(3サビ)の『一番高い建物』は1番と同じ比喩で

たとえ今の目標を達成したとしても

その先にはまた、新しい悩みやまだ見ぬハードルが絶えずある

想像以上に暗いどん底の日々が待っているかもしれない

それでも、自分はもう乗り越え方を知っている

暗闇の中でも輝いていられるように、一所懸命足掻いていれば

またいつか、良い時がきっとやってくるはず

(4サビ)

だから、今は目標に向かって突き進む

(1サビ)の時とは違う、迷い無く力強い意志を持って

そうしたら、ほんの少し前までの不安に怯えていた自分が、なんだかちっぽけに思えた

あの時に比べれば、少しだけ成長出来ているのかな?

という解釈です

リズムは3連符

(3サビ)から(4サビ)で成長を表現するべく、転調します

半音ではなく、全音転調

だ っ て 弾 け な い ん だ も ん

なので後半のキーがしんどいのが問題点

でも比較的気に入ってます

以上、『ランドマーク』セルフ解説でした。

今日の一曲

Your innocence/hiro

当たり前だった素直な瞳を 昨日よりも取り戻せたら

ドラマ『ビューティー7』のオープニング。