読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンク

世界からピンクが消えた。

誰もそれに気づかない。

でも林家ぺーだけは、気が狂ったように

「大切なものがなくなった」と車をとばす。

林家の乗った車は銀行に突撃し入り口を大破させた。

受け付け嬢に「おい、ピンクをだせ」と銃をつきつけ。

悲しみ色スーツを着ている。