読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明治憲法改正70年超

現行憲法の善し悪しは

冷戦期までは総てではないにしろ良かっただろう。しかし朝鮮戦争での日本の戦死者や竹島侵略など軍備なく国民が殺されている。近年はイラクカンボジアだ。

明治憲法はしっかり運用するなら良い法典であったが、時代と共に改正できなかった。

それゆえに社会も時代にも憲法によって国が滅んだ歴史だ

昭和憲法も万能ではなく、もう現在にも将来にも通用しなくなり弊害も多分に起きている。

真に憲法や国家を案ずるならばその如何を問わず国民的な議論や将来の国の有り様を皆で考える時期をとうに通りこしている。

憲法をまもらんが為に将来の日本と国民に多大な損害をもたらして良いのだろうか!?

国軍保持だけが焦点ではない。

この国家を22世紀まで発展させ、将来の国民を守るために

あたまから足まで改正するせぬの水掛け論に拘らず、3年間議論を床屋でも飯屋でも考え議論を熟した方が良い

今日の私たちが国民投票の歴史を生まずしていったいいつ出来ようか。

単に反対でも賛成でもなく、消極的な運動や組織が言ったからではなく。

自分自身の頭で考えないと救いもない話だろうし、後世憲法まもり国滅ぶを批評されるだろう。