読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎖国で御座います、もう誰も友達とかになってあげないやん、無理やん、はい、締め切り―、お友達募集は締め切りました、と強がってみて、ほらここまで言ったら優しい人が来るんちゃうん、と思ったが無理だった、の巻

皆さん、ミニーちゃんの時計に注目してほしい。

左手にしているのは、そうスマートウォッチなのである。

まず時計は昔からの多数の部品からなる機械式とクォーツ時計があり、うんちゃらかんちゃらと書いてもいいのだが今回はそれを割愛するのである。

何故ならば、私は出来るビジネスマンであり、キャリアウーマンであり、35億とか、これおもろいやろ的表情で言っちゃうタイプの人間であり、私ってさー、空気読めないじゃん、と言いつつ、空気読んじゃう系の人間だ、と書いて、実は全く読めてない人間であるのであり、今、本線から脱線しまくりなので、急ブレーキ、キキキーッ、なのであり、キキキーッとか書くと猿じゃん、ってなり、猿じゃねーし、キャリアウーマンだし、35億だし、と書いて、ああああ、35億、と後5000万まで書いて完成なのだが、こうやって文字数がオーバーしていくのであり、根本的にキャリアウーマンじゃなく、ただの猫でした、そう、私は猫でした、ニャーニャーニャー、と猫パンチでキーボード連打ニャー、と書いて本題へ。

そう、ミニーちゃんの時計、スマートウォッチなんですよ、しかも色形、リューズのない感じからこれアップルウォッチではないですね。

となるとandroid!!!

ミニーちゃんはアンドロイドを所有しているのです。

そしてもう一つ驚きの事実が。

スマートウォッチは手袋対応が出ていないので、そう考えるとあのミニーちゃんのしている手袋は、スマートウォッチ対応手袋!!!

ああああああああ、いつもと変わらない通常の手袋と思っていたら、違ったので御座います、見えないところで進化発展しているので御座います、そうあの手袋はスマートフォン対応手袋なので御座います。

ただ、一つ、では仮にそうだとしてあの指の大きさからあのスマートウォッチが操作できるのか?と考えた時簡単な動作は出来るが細かい動作が出来ないのでは、と考えた時、そうかアクションで動作するやつやん、例えば、腕を内側に回しその後ゆっくりと外側に動かすとその動作に合わせ画面も上にスライドする、という機能を持った時計なのだ、そうだ、そうに違いない、と確信したそんな日で御座いました。