読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早稲田、慶應が先勝=東京六大学野球春季リーグ戦=

【MTNP14日 明治神宮野球場

東京六大学野球春季リーグ戦 第6週第1日◆首位から5位までが勝ち点2で並ぶ混戦模様で迎えた第6週には、早稲田・立教、慶應・明治が登場。早稲田は1対0に僅差で立教に先勝し、慶應は5対3で明治に逆転勝利した。

第2試合は、前週法政に勝ち点を奪われた慶應と、前季優勝の明治の対戦。明治は初回、相手エラーに乗じ、先制すると、3回には、1死1・3塁から、5番平塚の異性フライで1点追加し、着実にリードを広げた。

一方、慶應は5回、先頭の7番倉田がヒットで出塁し、次打者・照屋が送りバントを決め、得点圏に走者を進めた。9番高橋(佑)に代打した明渡が四球を選び、1死1・2塁となると、1番天野のタイムリーで1点返した。さらに、2番瀬尾のフォアボールで1死満塁となり、3番柳町の適時打で同点とした。続く岩見の犠牲フライで、慶應は勝ち越しに成功した。

明治は6回、6番宮?のソロホームランで、すかさず同点とするも、慶應が7回に相手失策で1点、8回にも2番瀬尾のタイムリーで1点を加え、1回戦を逆転で制した。

スコア

M 101 001 000 3

K 000 030 11X 5

バッテリー

【M】齋藤・外尾(ほかお)・石毛・入江・三輪−氷見

【K】高橋(佑)・菊地・高橋(亮)