読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〓気づき

●自分の恐怖心を乗りこなすことが、運命を変える

多くの人が、恐怖心の中で暮らしています。

*未婚のままで終わる恐怖心

*失業する恐怖心

*病気に罹る恐怖心

*子供を事故で亡くす恐怖心

*災害や戦争が起きる恐怖心

その時々の自分に応じて、

「まだ起こってはいないのだが」

様々な恐怖心の中で人は暮らしています。特に日本人には恐怖心が大きいかも知れません。

でも、その恐怖心の御蔭で日本を見ますと、恐怖・心配事への対策が取られ、経済が発展し、最長寿の国です。

「良い意味での」恐怖心が、統制・機能しているとも言えそうです。

南国の何も心配していない様子の、根っから明るい人々は、いつも笑顔でいます。直ぐに踊りだします。

でも、なぜか貧しくて、色々な病気や事故・犯罪で短命な傾向があります。

恐怖心を何も持たない傾向は、行き当たりばったりの計画性の無さという現実を起こすようです。

結論から言いますと、上記の「中間」「中道」が良いと感じます。

老子にしても、釈尊にしても、要するに「中道が最高・最善!」と言っているのです。

日本人は、恐怖心が優位すぎるために、心を病む傾向が増えている最中だと感じます。

問題はここなのです。

日本人の中には、

*自分の恐怖心の中で暮らし、自分が自分自身をイジメている。

*しかし、その原因を他人のせいにすり替える傾向が始まっている。

これにより、突然に切れる人、他人を害する通り魔的な行為、をする人が増えていると感じます。

今の自分が感じる「怒り」が有れば、それを冷静に見なければ生けません。

その正体は、自分自身の恐怖心であったり、自分のコンプレックスであり、他人が原因では無いことが大半である可能性を考えて欲しいのです。

赤子は寝ていましても、突然に夜泣きをするものです。

その時に母親(母性)に抱かれて、背中をさすってもらうと安心し、また眠ります。

大人に成りますと、これを自分でしなければいけません。

その方法は、恐怖心や怒りを感じた時は、

*まだ何も起こっていない、という現実を再確認すること。自分自身に言い聞かせること。

*その自分の感情を、冷静に静観・観察すること。

このような習慣を持つだけでも、自分の悪い自我(ワレヨシな心)を止めて置くことが可能です。

自分の運命が変わります。

自分の自我の「恐怖心」を他人に向けることが、

・取り返しのつかない行為や発言をしてしまう。

・身勝手な恐怖心を増幅させる。

という側面を知って置いて頂ければ幸いです。

*自分が恐怖心を感じれば、先ず自分自身を観察することが大切です。

そして、

*まだ、何も起こってはいない。

という確認を自分自身に言い聞かせて行きましょう。

これを繰り返す内に、すべては変わって行くものなのです。

Pleiades.の髭男