読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逡巡

ゲーム『艦隊これくしょん』は、期間限定海域を突破し、定常運行へ。

今日の朝からは、週次任務がリセットされて、数の限られる任務枠の中で、粛々と消化をしてゆく。

開発は、ボーキサイト緊縮が解けたので、ひさしぶりの電探開発。

E-5海域の、あと味を洗い流すかのような、レア電探ドロップ。

運気が上がって来た気がする。(気がする!)

そんな中で、『10戦して来い』と『敵空母を20隻沈めて来い』任務を見て、よろしくない考えが湧いて来る。

「E-5海域の掘りでも、達成出来るよな」

「運気が上がって来ている気がする訳だし!レア艦娘ドロップが……!!」

艦隊編成記録には、先日、ためしに掘りに行ってみた、E-5用の連合艦隊が、まだ残っている。

ただ、機動部隊編成だと、マップの右下スタートで、左上のボスに向けて攻め上る間に、一回上の方に逸れて、道中5戦を強いられる。

ここをなんとか直進して、道中4戦にまけてもらえないか?と、ネットを漁ってみると、軽めの機動部隊編成で実現可能との情報を発見した。

この海域は、ボスにS勝利(敵艦隊全滅)を獲らなくても、レア艦娘がドロップする事が確認されている。

結果、対ボス戦へ特化した編成ではなく、安上がりで道中大破撤退の確率を減らして、ボスにたどり着く事を目的とした艦隊を編成する。

先制の手数を増やすために、翔鶴、瑞鶴に噴進機を積み、第二艦隊には雷巡全員を揃える。

もちろん阿武隈の先制雷撃も加える。

道中の潜水艦マス対策として、ヴェールヌイに爆雷とソナーを搭載し、先制爆雷攻撃を任せ、ヴェールヌイに積んでいた、ボス戦での夜戦カットイン用魚雷は、北上へ移す。

正規空母二隻を引っ込め、道中の開幕航空攻撃用に軽空母を入れ、艦攻を積む。

さらに制空対策で、烈風を積んだ、あきつ丸を加えて

重・戦・甲・甲・軽母・揚陸

軽・駆(防空)・駆(対潜)・雷・雷・雷

という、なんじゃこりゃな編成で出発。

なるほど、ボスに直行した。

ただ、道中、無事では済まんな。

Kマスに居る、戦艦棲姫は、基本的にボスキャラであり、ここを無傷に抜けるのは難しい。

本来なら、ボスに差し向けるはずの、基地航空隊の陸攻たちを、ここに集中させる。

護衛の戦闘機は、航続距離が短くて良いので、烈風を使う。

潜水艦マス、戦艦棲姫マスをくぐり抜けてたどり着いたボス戦では、純粋に艦隊の戦闘力のみで戦う事になる。

基地航空隊も来てくれないので、噴進強襲、開幕航空戦、開幕雷撃×4で、どこまで敵の戦力を削げるか?に勝敗の行方がかかって来る。

いや、まぁ、勝つ事は勝つけどね……。

開幕戦が終わった時点で、この状態

案外、悪くない。

そして、昼戦終了時点で……

Σ(゜Д゜)

前衛を全滅させたぞ!!

そして、夜戦で、まさかのS勝利。

海域攻略中、基地航空隊と決戦支援艦隊を注ぎ込んでも、一回も獲れなかったS勝利が、今ここに!!

運気が上向いてる気がしてたんだ、さっきから。

と言う事は、ドロップは……

榛名でしたー。

この海域では、初めてだねぇ。

うーむ、気がするだけでは、こんなものか。

他のレア艦娘は、長門陸奥

改二実装が噂されているのだが、このドロップ率は、その伏線か?

おかげで、近代化改修に回せず、キープして港をふさいでいるw

狙いのイタリア艦は……

と、周回を繰り返していたら、新編成での掘り、四回目で掘り当てました。

ちがーう!

おまえじゃなーい!!

(もう、二人いるんだよ)

やはり、運気が上向いている気がするだけでは、こんなものか(苦笑)