読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥海山BC(矢島コース) 2017.5.18

いよいよ今シーズンファイナルデー

最後はやはり鳥海山でシメなきゃね

いつもの前日夜移動、平日なので登山口に着いたら車は4〜5台

日の出は4時半前

モルゲンロート

日勤明けだと夜勤明けよりも早朝行動は苦にならないようで6時前に準備完了

5時46分 出発

湿原の木道が現れた

のろまなので先行者との間隔は開く一方

七ッ釜小屋手前の急登

キツイ〜

7時11分 七ッ釜小屋

下界は雲海

海にまで雲海がかかってますね

とりあえず竹竿で誘導された通り登ります

竹竿は舎利坂手前まで

やはり急登

登山道の近くはもっと急登

9時33分 七高山

なんとか4時間以内で登頂できた〜

三角点タッチ

新山

稲倉岳は雲の中

外輪山

このまま降りてもアレなので?外輪山お散歩

新山には行きません

東斜面良さそうだな〜

笙ヶ岳見えた〜

遠くからでも雪庇が見えるし、出だしエグすぎる

新山と七高山

残雪の月山

ウロウロした挙句やはり東斜面滑りたい〜になり、ちょこっとだけ滑ることにしました 10時30分滑走開始

滑り出した瞬間「パリパリパリ」とフィルムクラストの斜面を気持ちよく滑れた〜

唐獅子小屋まで滑ると登り返すの大変なので、東斜面をここまでトラバース

1800メートル付近のようです

舎利坂の途中まで登って滑るつもりが

12時13分 再び七高山

海の雲海は取れたようです

山頂でカップラタイム

雲が増えてきました 12時57分 滑走開始

腐れ雪でいつものヘロヘロ滑走

13時7分 七ッ釜小屋

いつの間にかガス

上は大丈夫なのにね

祓川ヒュッテが見えた

13時26分 無事下山

お疲れ山でした

温泉はいつもの鳥海荘ではなくフォレスト鳥海へ

これで今シーズン終了です

来シーズンも怪我なく滑れますように